いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 郭巨

いこまいけ高岡

 郭巨(かくきょ)の故事
郭巨の家は貧しかったが、母と妻を養い、妻に子供が産まれ三歳になりました。郭巨の母は孫を可愛がり、自分の少ない食事を分け与えて生活していました。郭巨が妻に「我が家は貧しく母の食事さえも足りないのに、孫に分けていてはとても無理だ。夫婦であれば子供はまた授かるだろうが、母親は二度と授からない。ここはこの子を埋めて母を養おう」と言います。妻は悲嘆に暮れたが夫の命には従う他無く、三歳の子を連れて埋めに行きます。郭巨が涙を流しながら地面を少し掘ると黄金の釜が出、その釜には「孝行な郭巨に天からこれを与える。他人は盗ってはいけない」と書かれていました。郭巨と妻は黄金の釜を頂き喜び、子供と一緒に家に帰って更に母に孝行を尽くしました。
 
八尾曳山 今町 八枚彫
郭巨
 
石動曳山 中新田町 蟇股彫刻
郭巨
 
氷見祇園祭 南上町 高欄
郭巨
 
その他: 伏木曳山 中町 高欄右面石動曳山 下糸岡町 高欄彫刻石動曳山 柳町 高欄金具
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 郭巨)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.