いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 庾黔婁

いこまいけ高岡

 庾黔婁(ゆけんろう)の故事
庾黔婁は南斉の人で、セン陵県の役人でしたが、着任して十日も経たないうちに、胸騒ぎがしました。父の病気かと思い、役人を辞めて家に帰ると案の定、父は大病を患っていました。医師に病状をたずねると、「病人の便を舐めて甘く苦ければ良かろう」と言われました。庾黔婁は簡単な事だと言って舐めてみると、味が違ったので父の死を悟り、北斗七星(北極星)に身代わりになる事を祈り続けました。
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 庾黔婁)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.