いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 陸績

いこまいけ高岡

 陸績(りくせき)は、六歳の時に袁術(えんじゅつ、後漢末期の武将・政治家)と言う人の家に居ました。袁術は陸績のためにおやつとして蜜柑を与えました。陸績はそれを三つ取って帰ろうとすると、袖から蜜柑がこぼれてしまい、袁術は「君は幼いのに泥棒の様な事をするのかね」と問うたところ、陸績は「あまりに見事な蜜柑なので、家に持ち帰り母への恩に報いるため、母に食べさせようと思いました」と言いました。これを聞いた袁術は「幼いのに何という親孝行な子供であろうか、過去現在に於いて稀な心がけである」と褒め称えたと伝えられています。
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
陸績
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 陸績)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.