いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 陸績


 陸績(りくせき)は、六歳の時に袁術(えんじゅつ、後漢末期の武将・政治家)と言う人の家に居ました。袁術は陸績のためにおやつとして蜜柑を与えました。陸績はそれを三つ取って帰ろうとすると、袖から蜜柑がこぼれてしまい、袁術は「君は幼いのに泥棒の様な事をするのかね」と問うたところ、陸績は「あまりに見事な蜜柑なので、家に持ち帰り母への恩に報いるため、母に食べさせようと思いました」と言いました。これを聞いた袁術は「幼いのに何という親孝行な子供であろうか、過去現在に於いて稀な心がけである」と褒め称えたと伝えられています。
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
陸績
 

 
中国二十四孝
陸績田真兄弟剡子蔡順閔子騫黄香呉猛楊香張孝兄弟丁蘭王裒王祥姜詩孟宗郭巨董永舜王漢文帝山谷庾黔婁朱壽昌曾参唐夫人老莱子
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 陸績)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.