いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 蔡順

いこまいけ高岡

 蔡順(さいじゅん)の故事
王莽の時代(前漢のあとに出来た新の時代)に天下は乱れ、また飢饉が多く食べる物もありませんでした。蔡順は母の為に桑の実を採り、熟していない物と熟した物に分けていました。その時、盗賊が現れ「何故桑の実を二つに分けるのか」と尋ねた所、蔡順は「私には一人の母親がおりますが、熟した物は母親に、熟していない物は自分にと思っていたのです」とこたえました。流石に非道な盗賊も蔡順の孝行の心を知り、米と牛の足を与えて去って行きました。蔡順はその米と牛の足をも母親に食べさせ親孝行をしました。
 
石動曳山 中新田町 蟇股彫刻
蔡順
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 蔡順)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.