いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 姜詩


 姜詩(きょうし)の故事
姜詩の母は、いつも綺麗な川の水を飲みたいと思い、魚を食べたいと言っていました。姜詩と妻は、いつも長い距離を歩き、母に水と魚を与えてよく仕えていました。するとある時、姜詩の家のすぐ傍に綺麗な川の水が湧き出、毎朝その水の中で鯉が泳ぐようになりました。これは、姜詩と妻の孝行を感心に思った天が授けたのです。
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
姜詩
 
新湊曳山 奈呉町 曳山左面 高欄彫刻
姜詩
 

 
中国二十四孝
陸績田真兄弟剡子蔡順閔子騫黄香呉猛楊香張孝兄弟丁蘭王裒王祥姜詩孟宗郭巨董永舜王漢文帝山谷庾黔婁朱壽昌曾参唐夫人老莱子
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 姜詩)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.