いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 姜詩

いこまいけ高岡

 姜詩(きょうし)の故事
姜詩の母は、いつも綺麗な川の水を飲みたいと思い、魚を食べたいと言っていました。姜詩と妻は、いつも長い距離を歩き、母に水と魚を与えてよく仕えていました。するとある時、姜詩の家のすぐ傍に綺麗な川の水が湧き出、毎朝その水の中で鯉が泳ぐようになりました。これは、姜詩と妻の孝行を感心に思った天が授けたのです。
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
姜詩
 
新湊曳山 奈呉町 曳山左面 高欄彫刻
姜詩
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 姜詩)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.