いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 朱壽昌

いこまいけ高岡

 朱壽昌(しゅじゅしょう)は、七歳の時に父母と生き別れになりました。長い間、母をよく知らない事を嘆き続け、親と会えない期間は50年にもなりました。ある時、朱壽昌は役人であったが職も妻子も捨て、自らの血でお経を書いて天に祈っていると、「秦と言う所に母がいる」とのお告げがあり、遂に母に会う事が出来ました。これは母を思う深い孝行の心を天が感銘したからです。
 
氷見祇園祭 南上町 高欄
朱壽昌
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 朱壽昌)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.