いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 張孝兄弟

いこまいけ高岡

 張孝兄弟(ちょうこう きょうだい)の故事
張孝(ちょうこう)と張礼(ちょうれい)の兄弟は、飢饉の時に八十歳を超えた母を養っていました。木の実を拾いに行った所、盗賊が現れて張礼を殺して食おうとしました。張礼は「私には一人の年老いた母親がいます。今日はまだ母が食事をしていないので、少しだけ時間を下さい。母に食事をさせればすぐに戻って来ます。もしこの約束を破れば、家に来て一家もろとも殺して下さい」と言って、母親の食事を済ませて盗賊の所に戻って来た。張孝はこれを聞いて走って盗賊の所に行って「私の方が弟より太っています。私を食べて、弟を助けて下さい」と言います。張礼は「これは最初の約束なので、私が食べられます」と言ってお互いを助けようと死を争いました。それを見た非道なはずの盗賊も兄弟の孝行心に打たれ、この様な兄弟は見た事が無いと二人の命を助け、更に沢山の米と塩を与えました。兄弟はそれらを持って帰り、更に孝行を尽くしたのです。
 
氷見祇園祭 南上町 高欄
張孝兄弟
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 張孝兄弟)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.