いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 曾参

いこまいけ高岡

 曾参(そうしん)は、ある時薪を取りに山に行っている間に、母が留守番をしている所に曾参の親友が訪ねて来ました。母は客人をもてなしたいと思いましたが、曾参は家に居ないうえに元々家は貧しくもてなす事が出来ず、「曾参、急いで帰って来てくれ」と、指を噛んで願いました。曾参は山で薪を拾っていたが、急に胸騒ぎがするので急いで家に帰ってみると、母が事のいきさつを話しました。指を噛んで願ったのが、遠くの曾参の心に響いたのは母子の心のつながりが強い故で、親子の情が深い証です。曾参は、孔子の弟子であった人です。また、「曾参、人を殺す」という諺があり、「信じがたい嘘であっても何度も言われると人は信じてしまう」という意味です。
 
八尾曳山 今町 八枚彫
丁蘭
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 曾参)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.